iPhoneの米国市場シェア低下で?

スポンサードリンク

世界中に広まるiPhoneの輪ですが、ご本家の米国での今年第一四半期はどうやら苦戦中とのことです。

Appleは、第4四半期から第1四半期にかけてRIMとPalmに押され、市場シェアを失ったという。

iPhoneのシェア低下の原因は不明とのことですが、3G iPhoneがなかなか発表されないというのが原因の1つであるということも否定できないと思います。
ということでApple&AT&Tもそのシェア低下を既に対策を打つということなのか、販売奨励金により安価にiPhoneを提供することになるかもしれません。

アナリストが3G版iPhoneの登場を確信する一方で、AppleがAT&Tの販売奨励金付きのiPhoneを提供するとの憶測も流れている。(ロイター)

日本でも2万円くらいで提供してくれるとなれば、大歓迎ですね;;;^^)

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト