結局エコにならないF1新レギュレーション

スポンサードリンク

マクラーレンF1は、2009年のレギュレーションに向け、何と2台開発するそうです。

2009年シーズン、F1は「KERS」(Kinetic Energy Recovery System:運動エネルギー回収システム)導入という大きなデザイン変更を余儀なくされるが、これを受けマクラーレン・チームでは2種類の新型車を開発する可能性を示唆している。

果たして最初からエネルギー回収システムKERSが役に立つものなのか?それとも単なる錘に過ぎないのか?
マクラーレンのように、開発費が大幅に増大すること確実ですね。

チーム予算の削減を公言するF1のレギュレーションですが、少なくともKERSはそんなもの帳消しにするくらいの予算増加インパクトがあるようです。

こちらのタイヤウォーマー禁止レギュレーションも、タイヤに関する様々な工夫を止めさせ、イコールコンディションとする案ですが、、、

FIA(国際自動車連盟)は、2009年シーズンにおけるF1スリックタイヤへの回帰と同時に、タイヤウォーマーを禁止する措置を示していたが、結局これは回避、これまで同様タイヤウォーマーの使用を認める方向のようだ。

結局レギュレーションで縛る予算削減なんて不可能ということでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト