F1:マクラーレン正に皮1枚以下がアクシデントの原因に

スポンサードリンク

スペインGP、260km/hの高速コーナーで左フロントのホイールが割れコントロールを失いクラッシュという顔面蒼白なアクシデントだったコバライネンのマクラーレンF1ですが、このほど原因が判明したようです。

スペインGP決勝レースで同チームのヘイキ・コバライネンが見舞われたアクシデントについて、その原因は「ホイールの塗装にあった」との推測を示している。

ホイールの塗装のマクキングをしなかったせいで、ホイールが割れちゃったそうです。。。。
まさか、塗装をするかしないかでその耐久性というか、強度とうか、、、熱の問題なんですかね?

それにしても塗装の皮1枚で260km/hでクラッシュしちゃうF1のパーツ、、、塗装だって命を預かっているというのを再認識ですね。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト