最速オリンパスE-3を一挙に手に入れる方法

スポンサードリンク

Olympusが同社最高峰デジタル一眼レフカメラE-3と最新の超音波モーター搭載のレンズZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4 SWDを組み合わせた『E-3』最速キットを発表しました。

 キットの内容は、E-3、ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4 SWD、300倍速・容量4GBのCF、書籍「E-3マイスターブック」(インプレスジャパン刊)、オーナーズキーホルダー。

オリンパスイメージングは6月13日、デジタル一眼レフカメラ「E-3」に超音波駆動方式SWD搭載レンズや4Gバイトの高速CFカードなどを同梱した「E-3最速キット」を、6月21日より数量限定で発売すると発表した。

オリンパスイメージング(大久保雅治社長)は6月13日、デジタル一眼レフカメラ「E-3」に、標準ズームレンズ「ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD」などを同梱した「E-3最速キット」を、数量限定で6月21日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は30万円前後の見込み。

ご予約はOLYMPAS ONLINE SHOPから。

そんな最速AFを検証するレビュー記事はこちら。。。。

E-3と同時発売の12-60mm/F2.8-4.0を装着して撮影を始めた途端、別次元に吹き飛ばされたかのような感覚となった。
圧倒的なまでにオートフォーカスが速いのだ。
▲12-60mm/F2.8-4.0は超音波モーターを搭載しており、凄まじいAF駆動性能を発揮する。
これはおそらく超音波モーターを搭載しているためだと思われる。オリンパスもE-3とこのレンズを併用したときに、現時点で世界最高速のAF速度であるとの表記をしている

強力なオートフォーカス性能
E-3が最大の特長としてプッシュしているのが11点ツインクロスセンサーによる「世界最速」(後述)のオートフォーカスだ。

これまでのオリンパスのデジタル一眼レフカメラの弱点の1つとしてAF性能、特に3点しかないAFセンサーとその精度や、レンズ側のモーター速度などが指摘されてきましたが、E-3で一挙世界一のAF性能となったのは素晴らしい進化ですね。
また、他社より小さいイメージセンサーも特に望遠側に明るくて軽いレンズが使えるということでメリットがあるようです。

ニコンやキヤノンも良いですが、オリンパスE-3も所有欲をそそられるカメラだと思います。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト