久しぶりの250ccスポーツ:ニンジャ250R(Ninja 250R)のレポート

スポンサードリンク

んもう壊滅状態の日本国内のスポーツバイク市場、特に250cc以下は壊滅状態です。
そんな状況の中、KAWASAKIが放つ超ひさしぶりのロードスポーツバイク、Ninja250RをMYCOM様がレポートされています。

車検が無く、税金と保険が安い250cc、かつては若者がこぞってこのクラスのバイクを愛車として乗っていたものですが、若者の興味は一挙に携帯電話に(^^;;;
クルマもバイクもすっかり売れなくなっちゃったそうです。
特に、スポーツバイクの市場は壊滅状態、日本の4大メーカーはすべて国内中型スポーツバイク市場から撤退したと言って良いほど、更に、排気ガス規制が輪をかけ、新製品は出ないばかりか、既存製品も生産中止が相次ぎ、気がついてみれば、特に250ccのスポーツバイクは”0″の状態になっていました。

HONDAの場合、ホーネットとVTRは生産中止、、、

スズキはスポーツバイクの”ス”の字も見当たらず(^^;;;

ヤマハは250ccのロードバイク無しorz

そんな中、男カワサキが起死回生??の一発、Ninja250Rを国内にも投入してきました。

MYCOM様のレポートによれば、ベテランからビギナーの方まで広く楽しめるキャラクターのバイクに仕上がっているようです。
極端な性能より乗り易さを追求、更に、スポーツ性もしっかり確保していニンジャ250R、更に、その価格、今時50万円前後という、フルカウルのバイクにしてはバーゲンプライスのタグが付けられてるようで、誰もが直ぐに買ってバイクで気軽にスポーツ出来る逸品に仕上がっているようです。

また、250ccクラスを無理無く表現した軽快なデザインも、大注目のようで、街を走ると特にライムグリーンのフルカウルに多くの人が振り返る程とのことです。

若い方はこのNinja 250Rでスポーツバイクを発見して欲しいですし、ベテランライダーの方でバイクから離れている方のリハビリ用(^^;;;としても最適な存在と思います。

本家のページはこちら

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト