【1200万画素】やっぱりRICOH GX200キタ?!!【レンズキャップ】

スポンサードリンク

リコーがGX100の後継モデルGX200を発表しました!

株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、2007年4月に発売したコンパクトデジタルカメラ「Caplio(キャプリオ) GX100」の後継機として、さらなる高画質化を実現した「GX200」を開発し、新発売いたします。

発売は7月4日
銀行口座からお金を下ろして準備しておいたい方がよいですよ。。。;;^^)

で、何と!こんなオプションまで追加、、、

撮像素子には、画素数1210万画素の1/1.7 型原色CCDを採用。焦点距離35mm判カメラ換算で24?72mm相当となるワイドズームレンズを搭載しており、3倍光学ズームを備える

リコーは、広角24mm相当からのズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「GX200」を7月4日に発売する。着脱可能な電子ビューファインダー(EVF)同梱の「GX200 VF KIT」とGX200本体のみの2パッケージを用意する。価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格はGX200 VF KITが8万円前後、ボディのみが6万円台半ばの見込み。

1210万画素CCD、新エンジン採用により高画質を実現したコンパクトデジタルカメラ
「GX200」を新発売

標準レンズは24ミリの広角撮影に対応するほか、別売りの19ミリの広角レンズや135ミリの望遠レンズを取り付けることができ、撮影シーンに応じてカスタマイズできる

リコーは6月24日、コンパクトデジタルカメラ「GX200」を7月4日に発売すると発表した。着脱式の液晶ビューファインダを搭載するなど現行機「Caplio GX100」のコンセプトを継承した仕様となっている

数日前、GX200をポロリしちゃった記事を投稿させていただきましたが。。。

リコーのサイトにGX100の後継モデルと思われるGX200の文字がアップされ、話題になっているようです。

そんな私の要望を多く取り入れてくれていますf(^^;;;;;;

GX100との変更点は、、、、

・ロゴの変更
 Caplio → RICOH

・撮像素子
 1/1.75型有効1,001万画素 → 1/1.7型有効1,210万画素

・映像エンジン
 スムースイメージングエンジンIII

・最低感度
 ISO80→ISO64

・バッファメモリ増加しRAW記録時の連写が5枚まで

・RAWでの1:1モード(正方形)記録に対応
・RAWでのブラケット撮影に対応

・レンズはゴーストの低減

・高精細2.7型46万ドットHVGA液晶
 表示に縦横自動回転再生機能

・加速度センサーを利用した電子水準器を搭載

・マイセッティング機能が3種類登録可能に

・ファンクションボタンを本体上面のほか背面の十字キーにも搭載

・AFターゲット移動機能
 マクロ時のみ→通常撮影でも可能に

・フラッシュ関係
 手動でポップアップ
 調光補正機能
 ニュアル発光機能
 フラッシュシンクロ設定機能

・自動レベル補正機能

・ディストーション補正機能

・絞り優先時、露出オーバーを防止する絞り自動シフト機能

・撮影後編集機能がさらに充実

・レンズ部の繰り出しと連動して同時に開閉するレンズキャップ(LC-1)を追加

・135mm相当(望遠端で)のテレコンバージョンレンズ(TC-1)を追加

これだけの改良点があるのです!
つまり、GX100で指摘された殆ど全ての欠点が改良されている訳です。。。

特に、トリビア的レンズキャップは素晴らしい。。。。ちなみにGX100でも装着できますから、ユーザの方はお楽しみにしてくだだい。
また、テレコンバージョンレンズで、135mmまで対応します。
つまりワイコン使用の19mmから135mmまで、かなりのバリエーションの画角が楽しめることになります。
そして歪み補正機能の搭載により、24mm時に指摘された歪みの問題も無くなります。

1200万画素のCCD搭載ということで、んもうデジタル一眼レフいらずのGR DIGITALも真っ青の趣味的なカメラナンバーワン!になったのでは無いでようか?

超オススメのデジカメが誕生しましたっ

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト