【ロングセラー】YAMAHA SR400 30th記念モデル【いぶし銀】

スポンサードリンク

YAMAHAの単気筒エンジンを搭載したロードバイクSR400が30周年記念を迎えたそうです。
SR400はその名称のみならず、ハードの中身、特にエンジンやフレームなどの基本骨格が30年前と殆ど変わらないという、驚くべきロングセラーを誇るバイクです。

シングルエンジン、デコンプレバー、キックスタート、キャブレターなエンジン、クロームメッキ、スポークホイール、チューブタイヤ、2本ショック、パイプハンドル、パイプフレームの車体、そして何よりも変わらないのは、ティアドロップ型のタンクと、台形のサイドカバー。
現代のバイクではどれも消滅してしまった、バイクを象徴するアイコン達全てがそこに生き残っています。

そしてそんな30周年記念モデルは、職人の手作業によるサンバースト塗装。

ヤマハ発動機は、単気筒エンジンを搭載したスポーツバイク「SR400」について、1978年の初代モデルから本年で30年のロングセラーとなることを記念し、「SR400 30th アニバーサリー・リミテッドエディション」を設定し、7月21日より500台限定で発売する。注文は本日より。価格は60万9000円。

最近、環境問題で、50ccスクーターから始まる殆どのバイクがインジェクション化されています。
未だキャブレターを搭載するこのモデル、アメリカの象徴ハーレーダビッドソンやイギリスのトラッド、トライアンフ・ボンネビルもインジェクション化されている今日この頃、超貴重かもしれませんね。

っていうか、ハーレーのサイト見たら、コレもメチャカッコイイ!!

145万円は安杉

ちなみに、ハーレーは105周年だそうです。

スポンサードリンク

アマゾン