日本企業の特殊性

スポンサードリンク

F1チームの中で名門と呼ばれ、現在でも確固たるプライベートチームとして参戦しているウィリアムズF1チームの、フランクウィリアムズ代表。。。
スーパーアグリと中嶋一貴さんの例を引き合いに出し、日本企業の態度をチクリ、、、

日本企業の冷え切ったF1サポートの姿勢を暗に皮肉った。
かつてバブル時代と言われた時と比べると、現在の日本企業のF1支援には雲泥の差があるようだ。

バブル時代、あれほど日本企業がF1進出に熱心だったのに、現状のF1では確かにそのスポンサーロゴの中に日本企業のロゴが入ることは激減しているようです。
(トヨタのパナソニックやデンソーは例外ですが、、、)
ウィリアムズ代表にとっても、その手の裏を返したような日本の企業に姿勢は、正にバブルとしてしか写らないことでしょう。。。。トヨタエンジン&中嶋さんという組み合わせでも日本企業から音沙汰無し、、、期待はずれ?っ!というとこでしょうか?

かつてそのウィリアムズと言えば勿論HONDAをはじめ、IHIやCANONなど日本企業のロゴが印象的でしたね。
最近では、チャンピオンチームであるルノーF1にはdocomoやJTが、B.A.Rには日石のENEOS、
数年前はフェラーリF1にもOlympusが公式カメラとしてスポンサードしていましたし、JPSロータスにもOLYMPSUのロゴが、またパイオニア、ケンウッド、などF1の昔の写真をにはそのロゴが登場してきます。

そういえばバブルといえば、フットワークF1、、、、こちらも見事散ってしまいましたが、そういえば、このチームにも鈴木亜久里さん絡んでいたっけ、、、

ということで、数十億円ものスポンサー代払って、日本やアメリカでの視聴率最低、、、なF1は日本企業としてはかなり効率の悪く、魅力無い公告媒体になっているのかもしれませんね。
いまやその1/10いや、1/100くらいのお金でWebクチコミプロモーションなんて出来ちゃう時代ですから。。。

スポンサードリンク