Olympus E-520発表!

スポンサードリンク

オリンパスはE-520が噂通り発表されました!ウリは上位機種E-3と同等の画質。

オリンパスイメージング株式会社(社長:大久保 雅治)は、「オリンパスE-システム」の新モデルとして、ボディー内手ぶれ補正機構を搭載したレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「E-520」を発売します。9mmから300mmまでの超広角から超望遠まで、4本の「ZUIKO DIGITAL」レンズ(スタンダードクラス)とボディーとの組み合わせで、約33倍※1の焦点距離をカバーし、ボディー内手ぶれ補正の機能が十分に発揮されます。発売は2008年5月末を予定しています。

その前モデルの、E-510はコンパクトで手ブレ補正を内蔵し好評のモデルだったようですが、ダイナミックレンジが若干狭いという弱点があったようです。
E-520ではその弱点を改良し、E-3と同等の画質とアピールされています。

弟モデルのE-420が世界最小最軽量のデジタル一眼レフな訳ですが、E-520もグリップ部が大きくなったくらいの差。十分小型です。

イメージセンサーが少し小さいオリンパスのEシリーズ、ラインナップが充実し、魅力的なシステムに育ってきているようです。

一方、価格はレンズキットで10万円前後とお手ごろ価格も魅力のようです。

オリンパスは、ライブビュー時のコントラストAFに対応したデジタル一眼レフカメラ「E-520」を5月末に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は、ボディのみが8万円前後、レンズキットが9万円前後、ダブルズームキットが11万円前後の見込み

発売は未定とのことですが、オリンパスファンにとっては画質が最高のE-520の発売は待ち遠しいですね!

スポンサードリンク

アマゾン