F1とはピラニア・クラブである

スポンサードリンク

F1の規定によれば、年間3戦まで欠場出来るそうですが、、、、
鈴木亜久里代表は、ピラニア・クラブに欠場するということは、再起出来ないことを意味するそうです。

鈴木亜久里スーパーアグリ(SAF1)代表は「数レース欠場して、再起を目指す考えはないのか?」との問いに、「現在の協定では年間3レースまで欠場できるのかな? でも、そういう考えはない。(そういうかたちも含めて)時間切れでした」と答えている。先のスペインGPを最後に完全撤退、SAF1は消滅したのである。

S.S.Unitedのトンズラ、そして、カスタマシャシに関する状況の変化。
スーパーアグリはそんな、大河の中でピラニアのように蝕まれたという訳です。
どうやら、今のF1でレースをするというのは、お金や弁護士とのやりとりに終始するということのようですね。

他人事ながら、次にピラニアがやって来るくるのは、トロ・ロッソの売却話、そして、オランダの自動車メーカーが手放したインド系のプライベートチームはこの流れに追従出来るのでしょうか?
ウィリアムズやマクラーレンだって、売却話がちらほらしているくらいですからね〜

と、そんな状況を望んでいたとしか思えない張本人、自動車レース界の総帥、現在スキャンダル処理に追われているFIA会長自身も、ご自分が作ったピラニアがうようよいる河におっこちた瞬間かもしれません。

元3回のF1チャンピオンで、引退後もモータースポーツ界に大きな影響力を持つジャッキー・スチュワート氏(イギリス)が、マックス・モズレーFIA会長に対し最後通牒をつきつけた

スポンサードリンク

アマゾン