オリンパスE-520どうよ?

スポンサードリンク

オリンパスのデジタル一眼レフカメラの中で一番の売れ筋になると思われるE-520。
ボディ側手ぶれ補正、ダストリダクション、ライブビュー、コントラストAFを搭載した全部アリアリ機。
一応フォーサーズユーザの私もとても気になるところです。
実写速報記事をが続々アップされているようなので、チェック!

まず恒例インプレス様の実写速報。感度別の実写サンプル画像がたいへん参考になりますね。

コントラストAFなどを搭載したデジタル一眼レフカメラ

こちらが、ふぉとかふぇ様の実写記事レポート

E-520の画質は、先代のE-510と比較して大きく様変わりしている。撮像素子の画素数には変化はないが、E-3の発売とともに規格化された色傾向に基づき、E-420、E-520と続くラインナップ間での色の統一が図られているためだ。

E-520の鮮やかな色再現が印象的ですね。
それに、Zuiko Digitalレンズのどのレンズを組み合わせても、最高の画質が得られるようで、デジタル専用のフォーサーズマウントの利点が生かされていると思います。

イメージセンサーの大きさが取り沙汰される、オリンパスのデジタル一眼レフカメラですが、E-3、E-520、E-420の実写を見る限り、何の問題も感じられませんね。

そして、プロカメラマンの田中希美男さんブログの中で、E-420とE-520に関する面白い記事を書かれています。

E-410のモデルチェンジ機種。撮像素子はほぼ同じで(少し性能アップ)画素数も約1000万画素で変わらず。以下、E-410とE-420の相違点など ―― いい加減にメモしてたのでそっくり信用しないように、ご注意。順不同。

たとえばE-420と同じオリンパスの最高機種であるE-3を、撮影機能だけを比べてみたとき、ほとんど互角か、いやE-420のほうが機能的には上をいっていると感じるところもなくもない。

E-420の小型軽量は大いに魅力はあるけれど、しかしぼくは手ブレ補正があるという、その一点でE-520が好き。

以下のハナシは相当にややこしい。とくに、E-420(と、E-520…)ユーザー以外の人たちにとっては、わかりづらいと思う ―― はっきり言うと、ほとんどわからないでしょう。

(最新の)Eシリーズユーザーのための話、その2。
 E-420やE-3だけではなく、もうすぐE-520ユーザーとなる人たちに向けての話だ。それ以外の人たちにとっては、昨日と同じようにほとんど役に立たぬ話でしょう。2つある。

スポンサードリンク

アマゾン