5年後のApple製品をズバリ!

スポンサードリンク

Appleは6月9日のWWDCでiPhoneの次世代モデル、3Gに対応したiPhoneを発表するようですが、いったいどんな画期的な製品が出てくるのか、いまから楽しみでしょうが無いですね。

1998年、今からちょうど10年前、ジョブズ氏がAppleに返り咲き,iMacをプレゼンテーションして以来、本当に毎年WWDCではAppleファンの期待を裏切らない新製品を発表し続けてきたジョブズ氏とAppleは、すさまじいパワーを持っている会社なのだと納得するしか無いわけですが、さらに将来、例えば5年後もこのペースでAppleは、よの中をあっと言わせる製品を発売し続けていたらどうなるのか。。。

そんな5年後のApple製品の予測記事、、、

寝室向けのクロックラジオやユニバーサルリモコン――Forresterが想像する5年後のApple製品は、それほど突飛なものではない。

どうやら、家庭のTVやビデオには全てリンゴマークが付いているようです。

Appleはデジタルホームの中心となることを狙って今後5年間のうちに、PCやデジタルコンテンツを高品位テレビのステレオAVネットワークに接続するための製品やサービスを提供していく可能性があるという。

その時Appleはナショナルや東芝のような会社になっているのでしょうか?
掃除機とかにもリンゴマークがついて、音楽プレイヤーが内蔵され、デザインもダイソンよりAppleの方がお洒落でかっこよくなっているのでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾン