たった120円で12時間530kmの旅をする方法

スポンサードリンク

もしアナタが12時間のヒマがあるなら、そして大阪の福島駅に行くことができるなら、、、たった120円で530キロの壮大な旅が出来るようです、、、

関西2府5県をまたぐ約530キロ、約12時間の「大回り」をした=図参照。ちょっと信じ難いが切符代は120円。JRの大都市近郊区間内の運賃特例だ。

同じ経路を通ったり、往復することなく、一筆書きのように電車にのって隣の駅に帰ってくること、鉄道ファンの間ではこれを”大回り旅行”とよぶらしいです。

大回り乗車とは、東京、大阪、新潟、福岡地区でとある鉄道規則を利用した旅行のことです。
その規則とは「大都市近郊区間内相互発着の普通乗車券及び普通回数乗車券(併用となるものを含む。)所持する旅客は、その区間内においては、その乗車券の券面に表示された経路にかかわらず、同区間内の他の経路を選択して乗車することができる。」(旅客営業規則第157条3項)

やばいのは途中で断念した時、この場合あまも長過ぎて、途中の駅ホームでモタモタしていると帰れなくなっちゃいそうですね(^^;;;

Webで調べると様々な”大回り旅行”を発見することが出来るようです、530キロより長い経路もあるようで、、、、

スポンサードリンク