キヤノンの気になるフルサイズデジタル一眼レフカメラは?

スポンサードリンク

私も気になるCanon Eos 5Dの後継機がどうなるの?とインタビュー記事。

35mm判フルサイズのセンサー搭載機に関しても、EOS 5D後継機の開発を指示したという話がありました。現在はプロ向けと5Dの2ラインですが、5Dのラインナップが増加する、あるいは位置付けが変更されることはありますか?

そのお答えをまとめると

・フルサイズセンサー搭載機を、ひとつのジャンルとして確立させていきたい
・本体のプラットフォームをいくつ持たなければならないか? と考えると難しい面もある
・趣味として入って来やすい価格帯の機種を将来的にはラインナップしたい。
・簡単にラインナップを今年後半から増やせるわけではありません。
・フルサイズまで、各センサーサイズごとに、どのように製品ラインナップを構成するのかは、今まさに議論すべきテーマ。
・フルサイズ機に対する期待の大きさはこちらにも伝わっている
・可能な限り良い製品に仕上げます。楽しみにしておいてください。
・画質に関しても、付加価値に関しても、大きく進歩したものになるでしょう。
・(フルサイズ)それはもちろんありますよ。
・継続的に、期待を裏切らない製品を出していきます。

ということで、キヤノンはフルサイズのデジタル一眼レフカメラはほぼスタンバイ状態であるが、次期を見計らっているというとこでしょうか?
なんたってEos KISS X2バカ売れのようですから、余裕ってとこですかね。

デジタル一眼レフカメラの一番人気は、3月下旬に発売されたキヤノン「EOS Kiss X2」(以下、Kiss X2)のダブルズームキットという結果となった。

さて、Canon Eos 5Dの後継は、Eos 7DになるのかEos 3Dなのか、それとも5D MarkIIなのでしょうか?
インタビュー記事を読むと、低価格なフルサイズデジタル一眼レフかめらの登場も十分ありそうですね。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト