んもう「せんとくん」たら、、、

スポンサードリンク

例の奈良で盛り上がっている、鹿男と大仏様をハイブリッドしたキャラクターですが、この度”せんとくん”と命名されましたっ!おめでとうございます!

独特な容姿で話題を呼んだ奈良県「平城遷都1300年祭」のマスコットキャラクターの愛称が、「せんとくん」に決まった。

って、最初からネタだったとしか思えないくらい各方面で盛り上がっています。

「親しめない」「違和感がある」と批判の声も根強くあり、市民有志は同日、独自のキャラクター公募に乗り出した。この騒動、まだ収まりそうにない。

キャラクターを巡っては、奈良市などの19寺でつくる「南都二六会」が「角を生やすのは仏様を侮辱している」などと再考を要請した。二六会の橋本純信会長は「名前を決めたということは、変更を考えていないということで残念」と感想を述べた。

っていうか、センス抜群の命名もあったようで、、、、

ほか、少数意見としてAV女優と同姓同名の「古都ひかる」のほか、「つるてん神宮 鹿丸大使」「ヘイ ジョー」「ブッタらシカる君」などが寄せられた

。変わったところでは、「カスガシカオ」「あをに@ヨッシー」「バンビーマル」「笑鹿(わらし)」なんてのもあった。

wwwwww

そして、多彩なポーズも同時発表されたんですが、その中の考えるポーズが古畑任三郎に似ているとかで、○作疑惑まで、、、、

おまけにその、名前が不吉という厳しく鋭い指摘も、、、

『仏さまじゃなくて童子』だって言い訳してたのに聖(セント)をかけちゃダメだろう」と荒井副会長の発言を真っ向から否定する意見が述べられたり、
 また、関西弁で「やめておくの?」は「せんとくん?」と言うと指摘した人物は「『正式キャラに”せんとくん”?』って言っているようで何だか不吉な気もしますけどね…」と心配している。

更に!なんと、『セントくん』というキャラクターが神戸に既に存在していたというショッキングなニュースが、、、

神戸市兵庫区の平野地区で、商店主らが毎年開いている「福原遷都まつり」の「セントくん」。阪神大震災の復興イベントとして05年に始まり、地元イラストレーターがデザインした。

で、結局地元のデザイナーさんたちがせんとくんプロジェクトに反旗を翻して、独自キャラクターの選考をはじめちゃった始末

一方、選定方法を批判する県内のデザイナーらでつくる「クリエイターズ会議・大和」は同日、独自にキャラクターの公募を始めると発表。この動きに祭りの事業協会は「民間から別に提案されれば、排除しない」とし、複数を併用する考えを示した。

「かわいくない」との批判が出ている「平城遷都1300年祭」のマスコットキャラクターに対抗し、奈良県内のデザイナーらが15日、独自にデザインの公募を始めると発表した。

んもう、これだけで大混乱な訳ですが、、、
当のせんとくんの生みの親なデザイナーはさんテレビ出演でツッコまれて結局開き直っちゃっているようで、、、

藪内「反対運動があることは知ってます。私にはありがたい」
加藤が「キャラクターを別に作るという動きもありますね」というのに、「結構なことだと思います」「キャラクターまつりみたいなことになっても?」「大丈夫」
葉山エレーヌが「スッキリのために何か?」と聞いたが、「これは奈良県のもので、もうわたしのものじゃない」。

WWWWWWWWWW

ということで、どのように決着するのか、それとも、これが宣伝効果になって、奈良のご当地キャラとして定着しちゃうのか、今後もせんとくんに目が離せない状況が続くと思われ、、、

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト