F1第3戦バーレーンGPの驚くべき予選結果

スポンサードリンク

バーレーンGPの予選終わりました。
これからTV見られる方は、絶対結果確認しないでくださいね〜(^^;;;

なんと、、、、ポールポジションはBMWザウバーのクビサ!が獲得!!

バーレーンGP公式予選は、BMWザウバーのロバート・クビサ(23歳:ポーランド)が自身初となるポールポジションを獲得した。
ポールはBMWザウバーにとってもこれが初。
またもちろんポーランド人としても史上初の快挙ということになる。

奇しくも、バーレーンGP前にライコネンは一番警戒するのはBMWというコメントをしていたのが的中したカタチとなりました。

BMWがいきなり速くなったのでしょうか?それともクビサが奇跡的なドライビングをしちゃったのでしょうか?

F1 第3戦バーレーンGP -RIJ- (2007-04-05) Qualifying-Session
2006 FIA F1 World Championship Rd.3 バーレーン・サーキット(BRN):5.412km

勿論予選Q3は燃料を積んで走りますから、Q2より遅くなるのですが、それでもクビサはQ2のタイム、マッサ、コバライネン、に続く3位、速さは本物のようです。
一方、僚友のBMWザウバー、Nハイドフェルドもフェラーリ、マクラーレンに続く6位。
確実に3強入りしちゃったのかもしれません、、、

決勝レースもこのままのペースでBMWの速さ見たいですね。。。。

一方、残念なのは日本勢、中嶋一貴さんはQ2に進出来ず16位。
それより最悪なのは、佐藤琢磨さんが最終コーナーでクラッシュです。
決勝は大丈夫?パーツとか。。。。

バーレーンGP予選『Q1』はアタックラップ中の佐藤琢磨(スーパー・アグリ)が最終コーナーでスピン、バリアにクラッシュ。
少し間をおいてセッション残り4分49秒というところで赤旗中断となった。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト