あのモードが解禁されたソニーのサイバーショットDSC-H50

スポンサードリンク

ソニーから今チョイブレーク気味の超高倍率ズームレンズ搭載のデジタルカメラ、CyberShot DSC-H50が発表されました。

ソニーは、高倍率ズームレンズ搭載コンパクトデジタルカメラ「サイバーショットDSC-H50」を、5月16日に発売する。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は5万円前後の見込み。

DSC-H50は、傷がつきにくいUVハードコートのボディに、サイバーショットシリーズ初となる上下可動式の3.0型マルチアングル液晶や、光学15倍ズーム(35mmフィルム換算で31?465mm)のカールツァイス「バリオ・テッサー」レンズを搭載。撮像素子には有効画素数910万画素の1/2.3型Super HAD CCDを採用している。

CarlZeissブランドの15倍ズームレンズにマルチアングル液晶、これは上手い組み合わせです。
お子様の学芸会や運動会で抜群の威力を発揮するご家族に優しいデジタルカメラでしょうが、もう1つ注目すべき機能が復活。

さらに、赤外線を照射して暗所をストロボ無しで撮影する「ナイトショット」機能が復活した

ソニーのナイトショットといえば、その昔、ムービーカメラにも搭載されていたのですが、これを、つまり赤外線照射機能を昼間でもONにし、更に○○○フィルターを装着すると、あら不思議、、、、マニアな方がこれを持ってプールや海水浴場に出撃していたらしいのですが、そんなこんなで流石のソニー様も、ナイトショット機能に制限やら、廃止やらしていたのです。

赤外線暗視機能といえば、’98年にソニーが発売した「DCR-TRV9」のナイトショット機能における騒動が思い起こされる。

ということで、流石に今時発売される製品ですから、赤外線照射でスケスケなんて出来ないと思われますが、とにかく、殆ど光が無い状態で、モノクロという制限はありますが、写真が撮れるというだけでデジタルカメラの存在意義を高める至高の機能であることに間違いありません。

ソニー サイバーショット DSC-H50は注目です!

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト