Adobe Lightroom 2.0 Beta登場!

スポンサードリンク

私も愛用しています、Adobe Photoshop Lightroomの2.0β版が試用可能となっています。
トライアル期間は30日。

Lightroom 2.0 beta builds on the success of the first Lightroom beta program and provides photographers with early access to our next release so that you can kick the tires and ensure that this release meets your needs. Don’t delay. Download now and send us your feedback. Lightroom 2.0 beta expires at the end of August 2008.

2.0になった主なエハンス点は、、、

* Localized corrections — Enhance specific areas of an image for unsurpassed nondestructive flexibility and control reminiscent of the traditional darkroom dodge and burn experience.

イメージの一部分を、焼き込みや覆い焼きが出来る。

* Improved organizational tools — Find the images you need quickly and easily.

イメージ検索の機能向上

* Multiple monitor support — Add an additional monitor to efficiently manage photographic workflow and presentation.

マルチモニターサポート

* Flexible print package functionality — Create custom layouts containing multiple sizes of a photograph on a single page.

プリント機能の向上。1ページに複数の写真をレイアウト出来るようになる。

* 64-bit support — Lightroom 2.0 now takes advantage of the latest hardware architectures with improved memory handling and performance.

64bitサポート

ということですが、リリースノートにインストールの注意点と更に詳しいエンハンス内容が記されてきました。

Lightroom 2.0 beta will not upgrade Lightroom 1.x libraries. The beta is intended to be used for
testing and feedback purposes. Lightroom 1.x and 2.0 beta libraries will be migrated to the finished version of Lightroom 2.0.

2.0β1は、1.xのライブラリをアップグレードしないそうです。
つまり、1.xと2.0βを同時に使うことが出来そうです。
但し、その後の記述で、データが壊れても保障しないそうなので(^^;;必ずバックアップをとりましょうw

で、その他のエンハンスは、、、

Filter Bar: With the source location of the images clearly defined in the left hand panel, the top of the grid view provides a panel that will filter the content. Use the ” key to hide or show the filter functionality and expand one section at a time to filter the content. Each category below can be toggled on or off by clicking on the name and multiple filter categories can be shift-selected to provide additional control.

フィルターバー機能。これまでフィルターはメニューから操作していたのが、左のパネルにバーとして配置される。
確かに、フィルターの設定を変更するのめんどくさかった。

Select multiple images to merge as a Panorama utilizing Photoshop CS3’s incredible new panorama functionality Merge multiple exposures into a single Photoshop HDR image
Load multiple files or virtual copies into Photoshop as separate layers in a single document.
Important Note: This preview integration is only available with Photoshop CS3 (10.0.1)

Photosop CS3との連携が強化された。例えば、複数イメージを選択してPSで編集する機能として、パノラマとして合成する機能、HDRイメージにする機能、レイヤーに配置する機能など。

Export Functionality: Managing and organizing exported images is much easier now with the following capabilities:

Export機能が強化された。例えば、オリジナルイメージも一緒にExportする設定、Exportする画像をより見栄えがあうるようにシャープにする改善、他のアプリケーションに送る機能など

Vignette: The previous lens correction vignette effect was only applied to the entire image frame and as an artistic effect could be obscured after an image was cropped. An additional framing vignette effect has been added that will apply a vignette to an image, respecting the cropped borders.

周辺光量調整機能が改善された。これまでは、オリジナルイメージに対し周辺光量を低下させていたが、クロップしたイメージに適用できるようになった。

私もこの機能使ってって気になっていたとこです。
但し、本来現像機能としてレンズ特性をシュミレーションする機能だとすれば、Crop前に掛けるのが正解だと思いますが、エフェクトあるいはレタッチとしてとして使うには、Crop後の方が便利ですね。

Improved Auto Adjustment: The Auto adjustment has been modified in response to feedback that previous adjustments were too bright. Please provide feedback on thisenhancement.

現像の現像モードとして準備されている自動補正を適用すると、明る過ぎだったかもだってさ(^^;
確かにその傾向はありましたね。

ということで、デュアルモニター対応も部分補正機能追加も64bit対応もライバルであるAppleのAperture 2対策と思われます。
出来れば、部分補正にアンシャープネスも出来るようにして欲しかった。

仕事から帰ってダウンロードしてみることにします。

Final Cut Studio 2

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト