2009年のApple、MacもiPhoneもすごい予測

スポンサードリンク

米国のアナリストの予測によれば、iPhoneは2009年に4000万台になるそうです。

 Appleは、2009年に4500万台のiPhoneを販売するためには、2008年と比較して売り上げを4倍に伸ばす必要がある。

更に、Macの方はシェア20%超えとの予測。

 Munster氏は米国時間4月1日にリサーチノートを発表し、Appleの「Mac」が米国消費者市場でシェア21%を獲得し、全世界における市場シェアが約10%となると予想した。

結局iPhoneやiPodが伸びれば、Macのシェアも向上ということで素晴らしいシナジーです。

そういえば数年前Appleが無くなると予測したアナリストもいました。
結局アナリストの予測ってどうなんでしょうね。。。。。。;;;^^)

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト