「iPhone 2.0」はApp Storeで一攫千金?

スポンサードリンク

AppleはiPhoneとiPod touchのSDKとしてiPhone 2.0を発表したようです。
そして、それを販売するApp Storeも、、、ってApple Storeじゃないっすから注意!

AppleはiPhone向けSDKと開発者プログラム、アプリケーションを安全にオンライン販売するための「App Store」を発表した。

アップルがiPhoneソフト開発に使ってるのと全く同じAPIとツールが入ったソフトウェア開発キット(SDK)が、いよいよ公開になりましたね。

Appleは米国時間3月6日、iPhoneのソフトウェア開発キット(SDK)の正式な立ち上げを発表した。

Apple Store(Japan)

開発したiPhoneアプリを独自に販売できるそうですが、その対象となる端末は1000万台(予定w)のiPhoneと無数(台数不明w)のiPod touchです。
MacのOSXアプリケーションより機能制限される分だけ逆に敷居が低いと思われるので、開発もシンプルだと思われ、売れるか売れないかは正にアイデア勝負とデザイン性。
複雑なアプリケーションより、スクリーンセーバーとかアニメや写真ギャラリーなど、超簡単に作れてデザイン勝負!ってのもアリなのでは無いでしょうか?

そして、一番ブレークしそうなのは、そうですゲームのアプリケーション。
加速度センサーを搭載しマルチタッチが可能なiPhoneやiPod touchならば、PSPやNitendo DSを超えるゲームが出来るかもしれません。

ということでiPhoneやiPod touchはこれからゲーム端末としてもブレークするかもしれませんよ?

iPhoneに待望のマルチタッチゲームがやってきますね。
加速度センサとiPhoneの長所をすべて活用してコントロールするゲームです。それだけでも嬉しいのに、もっと嬉しいのはEAもセガも参画してることでしょう。

ということで開発者登録すると、SDKをダウンロード出来るiTunes経由でiPhoneやiPod touchのアプリケーションを自由な価格で販売出来、70%をゲットすることが出来るなんてプログラム開発者の方々には夢のようなお話です。
って座っているだけで30%ゲットできるAppleの方もウマー、、、;;;^^)

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト