パリ・ダカ中止!

スポンサードリンク

なんと政情不安から伝統のダカールラリーは今年中止ということです。

自動車のダカール・ラリー(通称パリ・ダカ)の主催者は4日、モーリタニアの政情不安を理由に、5日から始まる予定だった同レースの中止を決めた。大会が全面的に中止されるのは初めて。

ポルトガル・リスボンをスタートする予定だったダカール・ラリー(通称パリダカ)は途中通過するアフリカ北西部のモーリタニアの治安悪化などを理由に、前日の4日になって中止が急遽(きゅうきょ)、決まった

これまでも、事故や事件から中止の危機はあったパリダカですが、今回はフランス政府から強い中止要請を受けたそうで、やむなく全面中止とのことです。

フランス政府から出された同国への渡航自粛、ラリーの中止要請という措置を受け入れた結果の決断だった。

ダカール・ラリー(正式名称ユーロミルホー・ダカールラリー、通称パリ・ダカ)はラリー競技大会の一つで、「世界一過酷なモータースポーツ競技」とも言われている。

ここ数年連覇を続けている三菱&パジェロですが、実は今年が最後のチャレンジだったそうです。
それだけに無念、、、

三菱は来年からディーゼル車両で参戦するため、パジェロでの出走はこれが最後だった。

また、てんぷら油で参戦していた、片山右京さんをはじめ、これまで1年間準備された関係者の方々ご苦労様でした。来年はラリー再会し、皆さんがゴール出来ることを祈ります。

::追記::

なんとテロ組織からレース主催者側に直接脅迫を受けていたそうです。
となれば中止以外の道は無かったということですね。

主催者も、テロ組織から直接脅迫を受けており、フランス政府などとの協議の末、中止を決めた。「関係者の安全を優先した時、中止以外の選択はあり得なかった」としている。

スポンサードリンク

アマゾン