ホンダF1は気流の流れを地球環境で改善できるのか

スポンサードリンク

バトンが2007年のホンダマシンを振り返ると、エアロに尽きるそうです。

2007年シーズン、苦戦を強いられたホンダ・チームのジェンソン・バトン(27歳:イギリス)は、その主要な原因はエアロダイナミックスの失敗にあったと指摘している。

確かにシーズン途中にも、ホンダから風洞設備のデータ取得ロジック誤りがあったとの発表がありました。

地球号のカラーリングになって、宇宙から見た、雲や気流の流れもカラーリングしちゃっている訳ですが、それが迷彩になって空気の流れの確認にミスが起っていた、、、なんてこと無いっすよね;;;^^)

結果的に地球環境の破壊によって生じていると思われる、シュミレーション不可能で予想外の海流でのエルニーニョや偏西風の蛇行に似ている訳ですが、、、(^^;;

スポンサードリンク

アマゾン