中嶋一貴はハミルトンより速いし同僚ニコより0.8秒以上速い!!

スポンサードリンク

バレンシアテストでウィリアムズトヨタF1の旧型FW29Bでもトップ10に入る速さを示していた中嶋一貴さん。
最終日、新型FW30でキメてくれました。

バレンシア合同テスト最終日、誰もがフェラーリ&マクラーレンの2強4台が上位を占めると思っていたところ、マクラーレンの、しかもあのハミルトンを凌いで一角に食い込んだのがウィリアムズ・チームの中嶋一貴(22歳)だった。

3日目も速かった

24日(木)最終日を迎えたバレンシア合同テストは、フェラーリの新型車『F2008』を駆ったライコネンが、王者の実力をみせつけトップタイムで終えた。

何と、同僚のニコ・ロズベルグより0.867秒も速いんです!って、ニコとは日が違うので一概に比較できませんが、とにかく、中嶋一貴とウィリアムズトヨタはバレンシアテストでこれまで上位を独占していた、フェラーリとマクラーレンメルセデスと同等の速さを持っていることになります。
テストとは言え、日々トップ10に入り、最終日なんと4位に食い込んだ中嶋さん、これまでに日本人F1ドライバーの中では最速の期待がかかります。

最終日テストの結果はこちら

実質3日目を迎えたバレンシアでのテストで、ウィリアムズ・チームは中嶋一貴が5番手、ニコ・ロズベルグが7番手といずれも好調なペースであるところを示した

スポンサードリンク

アマゾン