Movable Type 4.1 ベータテストとオープンソースへ

スポンサードリンク

お世話になっておりますMovabletypeがオープンソース化、そして、4.1のベータテストが開始されました。

「Movable Type 4.1」での最大の強化点は、CMS機能として高いニーズがある「カスタムフィールド機能」を基本機能として標準搭載することです。

次期MT4.1ではカスタムフィールド機能がサポートされるということで、定型のフォーマットで日記を書くブログから、データベースのフロントエンドWebサイトに拡張なることに、これはMTの歴史の中でも大きな方向転換では無いでしょうか?
更に、オープンソース化されるということも一大転機です。
Movabletypeはこれからユーザの手で発展していくツールになることでしょう。

ちなみに、そんなCMSを実現するカスタムフィールド機能を使って、こちらのコンテストに参加はいかがでしょうか?

GMOインターネットグループのGMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)は12月4日、同社のホスティングブランド「ラピッドサイト」が主催する、第3回「MovableTypeコンテスト 2007」の開催を発表した。2008年3月21日まで、公式サイトの専用フォームより応募できる。

スポンサードリンク

アマゾン