2世ドライバー時代、今度かアノチャンピオンのご子息が来るのかっ?

スポンサードリンク

来期は中嶋一貴さん、ニコ・ロズベルグさんと2世F1ドライバーが同じチームで走るということで、F1も次の世代を迎えるのですが、それに続く2世ドライバーは、あのプロフェッサー・プロストのご子息かもしれません。

元4回のF1チャンピオンに輝くアラン・プロスト氏の子息ニコラス・プロスト(26歳:フランス)が、DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)マシンのテストを行ったことがわかった。

DTMの次ぎはF1なんですかね??

でF1界は以前から2世ドライバーの宝庫。例えば、、、
ジャック・ブラバムさんのご子息は、デイビッド・ブラバムさんと、ゲイリー・ブラバムさん。
ウィルソン・フィッティパルディさんのご子息は、クリスチャン・フィッティパルディで、その甥はチャンピオンエマーソン・フィッティパルディ

ちょっと前だと、ヒル.v.s.ヴィルヌーヴの2世対決、グラハム・ヒルのご子息デーモン・ヒルさん、とジル・ヴィルヌーヴのご子息ジャック・ヴィルヌーヴさん、、、、

ちなみに、こちらは3世ドライバー、、、マリオ・アンドレッティ→マイケル・アンドレッティ→マルコ・アンドレッティというアメリカの華麗なるレーシング一族アンドレッティ家のご子息

元F1チャンピオンのマリオ・アンドレッティ氏が、孫に当たるマルコ・アンドレッティ(20歳:アメリカ)について、「F1に進出すべき」と米『オートウィーク』誌で力説している。

また、アイルトン・セナの親戚のブルーノ・セナさんもF1ドライバー狙われていますね。

やっぱりF1ドライバーのDNAってものがあるのでしょうか?
それとも、子供のころからレースにふれあい、更には金銭的にも恵まれた環境の結果なのでしょうか?

スポンサードリンク

アマゾン