やっと優勝したバトンがチャンピオンになれなかったハミルトンに一言

スポンサードリンク

同じイギリス人F1ドライバーの先輩として、ハミルトンの将来について一言

ジェンソン・バトンは、ルイス・ハミルトンはチャンピオンシップでタイトルを獲得する最大のチャンスを逃したと語り、引退するまでタイトルを獲得できないかもしれないと指摘した。

バトンさんの言っていることは凄く判りますね?

例えば、4位衝撃のデビューを果たし、2年目アイルトン・セナとの壮烈バトルでセナに続く将来の世界チャンピオン候補となった、後藤久美子さんの旦那さん(^^;;ジャン・アレジ。
すぐさま、フェラーリという誰もがあこがれるチームに移籍、しようと思ったらウィリアムズとの二重契約問題発覚。苦労して移籍を果たしたのにフェラーリの大低迷時代に突入。
そしてシューマッハと交替させられた後は中堅チームで結局チャンピオンの夢は叶いませんでした。

ハミルトンだって、来年マクラーレンが速いクルマを準備できるとも限りませんし、なんたってエンジン10年間凍結でメルセデスパワーにも頼る訳にも行きません。
逆に言えば、来年ハミルトンがチャンピオン取れるかどうかで、彼の本当の実力とF1ドライバーとしての運の良さが試されるシーズンなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト