防衛省の皆さんにキッズケータイを持たせる理由

スポンサードリンク

NTTドコモが905iシリーズ発表でGPS搭載機種を増やしましたが、それに呼応するがごとく防衛省ではGPSケータイの全員導入を真剣に考えているからだそうです。

日本の政府は、GPS携帯電話――保護者が子供の居場所を把握するのによく使っている――を使って、防衛省上級幹部を監視したい考えだ。同省の一部職員はこれに反発している。

ドコモのキッズケータイのインフラを導入すれば、簡単に実現する訳ですね、、、、

って、普通の携帯電話でも国家のIT技術を駆使すれば職員さんの居場所くらい簡単に判りそうなもんですが、キッズケータイ導入って今更って感じですが、、、、
ドラマ24ではCTU職員がアタリマエのようにケータイなどからリアルタイムな居場所が判る前提で話が組み立てられています(^^;;;

あるいは日本の防衛計画をガンダム化しようという子供っぽいm(_._)m発想に対して、キッズケータイで警戒しようとしているからなのでしょうか?

やはり日本で国防するとなると、どうしてもガンダムが必要になるわけです。
その辺の空気を充分読んでいる防衛省は、現在ガンダムを作ってるらしいとのこと。

発端は、防衛省関連行事の資料に「ガンダムの実現」という文字が出ていたこと。実は一担当者の「茶目っ気」ではなく、防衛省技術研究本部の幹部が明言している内容だったことが分かった。防衛省はどこまで「本気」なのか。

ということは、キッズケータイよりも、やっぱり防衛省の皆様は目立つように、真っ赤なシャア専用ケータイを持っていただく方が良いかもしれません。

ソフトバンクからシャア専用ケータイ「913SH G TYPE-CHAR」発売

913SH G TYPE-CHARはGPS付いてないのが残念?

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト