ルノーF1疑惑マクラーレン以上?

スポンサードリンク

ルノー疑惑ですが、マクラーレンから移籍したエンジニアによって情報が流出したとのことです。

ある内部関係者は『Independent(インディペンデント)』紙に対し、次のように語っている。「(ルノーで発見された)情報量とその深さを見ると、“ステップニーゲート”など、かわいいものに思えてくるよ」

ルノーは既にマクラーレンに事実を公開し対処しているそうです。

この情報は旧式のフロッピーディスクに記録されていたもので、その中にはいくつかのマクラーレンの設計図と、テクニカル・スプレッドシートが含まれていた。

ブリアトーレにしてみれば、まさか自分のチームが、、、

ブリアトーレはマクラーレンに処罰が下ったとき、「ただレギュレーションを読めばいいんだ。知的財産を盗むことに対する罰は排斥することだ」とコメントしていた

結局エンジニアが移籍するということ自体が情報が流出することに限りなく近いという事実もあります。
これまでエンジニアもそうした手段でキャリアアップしていたのかもしれませんね。。。

8日(木)、FIA(国際自動車連盟)は12月6日(木)にモナコで開かれる世界モータースポーツ評議会に、ルノー・チームの代表者を聴聞のため召喚することを決め通知した。

今回のルノースパイ疑惑がアロンソ移籍を左右する1つの要素になるかもしれませんね。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト