マセラティはどもまでも走れそうなイタリアン

スポンサードリンク

イタリア車のなかでも最もイタリアンな雰囲気プンプンなマセラティ。
フェラーリエンジンの心臓を得て復活した後は次々にニューモデルを発表し、なかなか好調。
フェラーリのカゲキな雰囲気を避けながらイタリアの最高級車に乗れるマセラティはチョイワルな大人の選択ですね。


Maserati GranTurismoはマセラティの最新クーペで、日本へも上陸予定。

GTその名前の通りどこまでも遠くに走りそうなデザインですね。
ただ、マセラティ独特の色気というか妖艶さというのが少し薄れていますかね。

まさに、宝石のようなクーペだ。マセラティが07年ジュネーブショーでデビューさせた「グラントゥーリズモ」がいよいよ日本にやってきた。

マセラティ グラントゥーリズモは、4.2リッターV8エンジンから405馬力(7100rpm)を発揮。最大トルクは4750rpm/460Nmで、2500rpm時にはすでに最大トルクの75%を発生。最高速度は285km/h、加速性能では0-100km/hで5.2秒を誇る。

こちらは、Maserati Quattroporte。

4座を意味するクアトロポルテ、今のところ唯一?のスーパーカーと言って良い4ドアのクルマですね。
1500万円だそうで、同額なドイツ車より随分おしゃれで、エレガントに走れることでしょう。

イタリアの超高級車ブランドとして長い歴史と伝統を持つのがマセラティ。その4ドアを意味するモデルがクアトロポルテだ。

マセラティ社とコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、「第40回東京モーターショー2007」に、マセラティ『グラントゥーリズモ』を日本初公開すると発表した。

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト