ベンツはマジちょっと眩し過ぎる

スポンサードリンク

メルセデスベンツのブースはゴージャスでした。
コンセプトカーF700と、マクラーレンSLRの展示が花を添えていました。


ベンツF700は5メーターを超えるボディながら何とエンジンの排気量は4気筒の1.8L。

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの特徴を兼ね備えた、ある意味ハイブリッドエンジンを搭載しています。
またレーザセンサーを利用したアクティブサスペンションなど、ベンツの技術の粋を環境対策の為に尽くした本気のコンセプトカーです。

観音開きのドアを開くと、何と3人乗れる空間が。。。。
これで1.8Lエンジンで大丈夫?とあらぬ心配を、、、 (^^;

室内の中には、何故か寿司が、、、なんでやねん?(^^;

それにしてもシルバーのボディはかなり眩しいですね
マクラーレンSLR Roadstarは7000万円です。。。。

なんたって、スーパーカーはガルウィングっすよ

排熱フィンが魚類系っす。

なんか深海魚のようですね〜

脇腹のエラがとっても特徴的なメルセデスベンツSLRマクラーレン。

コクピットにはカーボンパーツが、マクラーレンなので、シールでは無くってホンモノのカーボンですよね!?(^^;;

こちらはC300のハイブリッド。
ヨーロッパでは主流のディーゼルエンジンをハイブリッドで武装、増々燃費と環境に優しいエンジンになっているようです。

メルセデス・ベンツはディーゼルを世界的に推し進める戦略を打ち立て、「BLUETEC」(ブルーテック)という名称で、将来のクリーンディーゼルを推進する。

でも環境に良いハイブリッドっていうより、なんとなくフツーのチョイ悪ベンツっつーか、ハイブリッドっぽく無いっすね〜(^^;;

その他いろいろ展示してありました、んもうお腹いっぱいということで、このへんにしておきます。


関連サイト

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト