ニッサンGT-Rは完璧なので改造できない

スポンサードリンク

2007年東京モーターショーの主役になっちゃいそうな期待デビューを飾るニッサンGT-Rですが、完璧なクルマのようです。

『GT-R』導入方針および日産ハイパフォーマンスセンターについての説明会で、「GT-Rは技術的には完璧である」と力説した。

その完璧の代償として、どうやら改造できない仕組みが採用されているようです。
またこのGT?Rは買った後のメインテナンスは「日産ハイパフォーマンスセンター」で行われるようです。

『NISSAN GT-R』の販売はNHPC以外の全国日産ディーラーを通じて可能であるが、アフターメンテナンスに関しては、定期的なメンテナンス(『NISSAN GT-R』のみ)も含め、NHPCとの連携が必要だとしている。

そんな訳でGT-Rを買う顧客に対して、それなりのメインテナンスコストを掛けてくれることを御願いするそうで、なんだかポルシェやフェラーリより敷居が高いクルマのようですね、、、、

それまでのスカイラインGT-Rといえば、少々無理な改造も許容してくれる丈夫なブロックを持つRB26DETTエンジンあってこそ、ちょっといじるだけで、ポルシェにも勝てるエンジンパワーを得ることが出来るというGT-Rでしか味わえない楽しみもあったようです。

チューニング界最強の称号

対するニッサンGT-Rは完璧なので、チューニングをまったく許可してくれないクルマ、となると、これまでのGT-Rファンはどう思うのでしょうか?
それとも、ニッサン純正パーツやNISMO製のチューニングパーツが販売されることになるのでしょうか?

もし、冒頭のように改造に対シテ強固なセキュリティが掛けられているのなら、国内の180km/hというスピードリミッターも解除できない仕組みになっているのでしょうか?
サーキットで走る方も多いと思いますが、そのへんどうなんでしょうね、、、

スポンサードリンク

アマゾン


One thought on “ニッサンGT-Rは完璧なので改造できない

Comments are closed.