GR Digitalの生産中止とスクエアフォーマット

スポンサードリンク

RICOH GR-Digitalが生産終了したらしいです

pro_btn_gr.jpg

GR Digitalは2005年10月に単焦点のエポックメーキングなデジタルカメラとしてデビュー。
当時リコーのコメントでは2年間売り続けるロングセラーな製品を目指すということで、ちょうど2年、約束通り売り続け、今回生産中止になりました。

当然後継モデルも噂されていますが、GRユーザの方のみならず、このカメラのコンセプトに共感される方は、大きな変化は望まれないと思います。

優秀なレンズそのままに、画素数アップ、手ブレ補正?、GX100のEVF対応?、そしてスクエアフォーマット搭載くらいでしょうか?

ところで、そのご本家GR-Blogではしきりにスクエアフォーマットをキャンペーンしています。
ということで、GR-Digitalはスクエアフォーマット搭載は確実だと思われますがいかがでしょうか?

今回は、CaplioGX100とR7を旅のお供に、トラックバック企画のお題でもある「スクエア」に挑戦してきました。

今月のトラックバック企画「スクエア」にはまだ応募開始から間もないにもかかわらず大変多くの応募を頂いています。

さて、今月のお題はスクエア。
僕がスクエアで撮影するときのちょっとした気持の切り替えのお話を。

GR DIGITALは、「1:1モード」がないので、スクエアが似合う作品をトリミングして下さい。Caplio GX100は、もちろん「1:1モード」で御願いします!

もしかしたら、スクエアCCDを搭載するなどのビッグサプライズがあるかもしれませんね;;;;^^)

スポンサードリンク

アマゾン