A.プロスト氏歴史は繰り返す

スポンサードリンク

フェラーリ裁定の後F1タイトルの行方は、彼ら2人にほぼ絞られた今、プロフェッサー・プロストは今のマクラーレンの状況を語る。

当のアラン・プロスト氏は最もその心理戦を経験したドライバーだったのかもしれません。

ルノー、マクラーレン、フェラーリ、そしてウィリアムズという名門チームを渡り歩き、チームメイトとして、ニキ・ラウダとの0.5ポイント差のチャンピオン争い、そしてアイルトン・セナ壮烈な確執関係でマクラーレンF1チームを去ることに、そして最後はデーモン・ヒルに敗れ引退という壮烈なF1人生を歩むとともに、正に80年代F1の主人公であった彼は、ハミルトンとアロンソの心理戦は手に取るように判ることでしょう。

スポンサードリンク