Exigeミッドシップでエンジンを味わう

スポンサードリンク

まずは友人のドライブでExigeは第三京浜に入りました。
トヨタエンジンに喝を入れ速度を上げていきます。


199psと行っても車重は900kg
俊敏な加速を見せるExige。
レブリミットは約8000rpm。
トヨタエンジンのサウンドは、乾いたメカニカルノイズが主となり、良く消音されたマフラーからは気になるような音が聞こえてきません。
ミッッドシップマシンの楽しみの1つ、それは、背後のエンジンのメカニカルノイズが聞けることにあると思います。Exigeのマフラーはそれを邪魔しません。
また、4気筒で排気量が1800ccというのも絶妙。
エンジンは軽やかに回り、アクセルを抜いた時、踏んだ時、エンジンのイナーシャを感じさせない動きをします。
エンジンの回転落ちも、速すぎず遅すぎず。素早いシフトとクロスしたミッションにちょうど良く追従しているようです。
本当に気持ち良さそう〜!

スポンサードリンク