リコーGX100レビュー記事3

スポンサードリンク

ITmedia様でもRICHO GX100のレビュー記事がアップされました。
レビューワーは荻窪圭さん。

ITmedia D LifeStyle:カメラ好きにはたまらないハイエンド広角デジカメ――リコー「Caplio GX100」 (1/6)

レビュー記事は6ページを費やすほどの気合が入られたものです。

1ページ目
・ハイエンドなコンパクトが欲しいカメラ愛好者をくすぐりまくるスペックといって過言では
・GR Digitalを越える凝ったスペック
・ズームレンズでワイド端がF2.5というのは非常に頑張った数値
・72ミリ相当でレンズ前4センチは圧巻。GX100にしかない魅力
・レンズ収差はGR Digitalに比べてちょっと大きいが中央部のディテール描写力は高い。
・GR Digitalよりディテールの描写力が上がっている。

2ページ目@ITmedia D LifeStyle:カメラ好きにはたまらないハイエンド広角デジカメ――リコー「Caplio GX100」 (2/6)

・レンズの動きはCaplio Rシリーズに比べスムーズで、ワンランク上
・感度をあげると、無理なノイズリダクションを行わないのか、素直にノイズが乗ってくる
・常用できるのはISO400まで
・AFはパッシブAFとコントラスト検出AFの兼用
・通常の撮影でもマクロモード(無限可能)でAFターゲット移動を使った高精度なピント合わせが可能
・1:1正方形で撮るという構図も新鮮で面白い。

3ページ目@ITmedia D LifeStyle:カメラ好きにはたまらないハイエンド広角デジカメ――リコー「Caplio GX100」 (3/6)

・液晶モニターはGR Digitalよりはっきりして見やすくなった。
・EVFは小型軽量なので外してバッグのポケットにでもいれておけば邪魔にならない
・90度傾けてスクエアフォーマットで撮ると非常に楽しい。
・GRDの背面ダイヤルがレバーに変更された。ダイヤル好きな人には残念

4ページ目@ITmedia D LifeStyle:カメラ好きにはたまらないハイエンド広角デジカメ――リコー「Caplio GX100」 (4/6)

・結構きびきびと動作する
・EVFをつけると意外に自然に構えられる
・やや暗部のざらつきやAWBの精度が気になるが、リコーらしいシャープさ
・光の条件がいいとハイコントラストのキリッとしたいい描写
・ADJ.レバーを倒すだけで露出補正が働くようにできればもっとうれしかった
・絞り優先AE時にズーミングを行うと、絞り値が勝手に変わってしまう
・同クラスCCDの「Powershot G7」はこってりした記憶色っぽい色の豊かさ
 GX100はやや硬めだがディテールの描写にメリハリ、しゃきっとした絵のわりに色はナチュラル系
・RAWデータはDNGなのでAdobe系のソフトで現像できる
・5万円以下のモデルとはワンランク違う質感や写り

ITmedia D LifeStyle:カメラ好きにはたまらないハイエンド広角デジカメ――リコー「Caplio GX100」 (5/6)

・テレ端のマクロモード。リコーらしいシャキッとした高い描写力
・四隅の画質低下は見られる
・こってりと色を乗せてくるタイプではない
・等倍で切り取って並べてGR DigitalよりGX100の方がディテールがしっかり

6ページ目@ITmedia D LifeStyle:カメラ好きにはたまらないハイエンド広角デジカメ――リコー「Caplio GX100」 (6/6)

・24ミリのワイド感と超強力マクロGX100でしか撮れない絵
・テレ端でのマクロもかなり寄れるのでマクロ撮影にはもってこい
・ISO800時に急に彩度が上がったのはなぜだろう
・ISO1600ではかなり素直にノイズが乗ってくる

ということで、流石プロのレビューは、良い悪いを決め付けないで、様々な角度からレビューされています。
個人ブログの方やSNSでGX100のレビューを見ているとかなり不安になる(^^;;;のですが、このレビュー記事を読むと納得GX100は買う価値がある製品だと思います。

スポンサードリンク