AppleTV導入ならNewAirMacExtremeで802.11nそして、、、

スポンサードリンク

音楽と画像ファイルを5台のMacでやりとりするAppleTV。
ネットワークもより高速で広範囲と繋がりセキュリティも向上する80211nを是非活用したいとこですね。

Apple Store(Japan)

アップル、802.11n対応のAirMac Extreme ベースステーションを発表 – CNET Japan

アップル、IEEE 802.11nドラフトに準拠した「AirMac Extreme」

アップル、無線LANの新規格「IEEE802.11n」に対応した新たな「AirMac Extreme」を発表:RBB TODAY (ブロードバンド情報サイト) 2007/01/10
【Macworld 2007 Vol.2】802.11n対応の『AirMac』も登場!! 気になる新要素に迫る

ちなみに、802.11nとは、100mbpsオーバーを実現する無線LANの規格、現在ドラフト、MIMO(Multiple Input and Multiple Output)という方法で複数の電波で通信速度を向上する方式のようです。

@IT:【トレンド解説】次世代無線LAN標準のIEEE 802.11nが動き出す

100Mbpsが実現できれば、AppleTVの40GのHDは常に書き換えられるバッファとしての役割に徹することが出来る筈です。
AppleTVが、この時代、たった40GのHDを搭載したのも、この802.11nがあるからこそですね。

ということで、このさいだからドラフト規格なんか心配せず(笑)この最新のベースステーション AirMac Extreme買いですねっ。

ところで、AirMacのサイズですが、カタログを見ると、165mmX165mmになっています。
これは、正にMac miniと同じサイズ。重ねることを想定してデザインされているのでしょうか?
とMac miniのカタログを見ると、16.51cmx16.51cm、、、、と、超超ビミョ?(笑)
また、4墨のラウンドも同じ半径だと良いんですが、、、、

Apple Store(Japan)

ということで、細かいこと考えないでMac miniと新しいAirMac Extremeベースステーション、積み重ねるのが吉と思いますので、Mac miniを御買い上げの方も是非、Air Mac Extremeも(^^;;;
逆に、AirMac Extremeのおかげでちょっと寂しいMac miniが売れ始めると面白いですが、、、

そうそう、AppleTVのサイズは、、、、19.7cmX19.7cm、、、一回りおおきいや(笑)
まぁ、AppleTVはMac miniやAirMacと積み重ねることは無さそうなのですが(^^;;;

Apple Store(Japan)

ちなみに165mmx165mmの純正ハードディスク、ネットワークディスク対応というのが出れば面白そうですね。
AirMacの100Mbpsオーバーのネットワークと組み合わせれば、高速なNASディスクが、かっこ良いデザインで即実現、偶数個でレイドなんて組めるとか、、、、
また、リビングPCで音楽、写真や動画を大量に保存することを考えれば、Macに追加する大容量ストレージは必須なのに対してiMacやMac miniではどう考えてもディスク容量が弱点。
また、AppleTVのように5台のMacから繋がるとなるとなおさらそれらを統合したストレージの使い方の提案もあって良いと思います。
そして、iPhone。自宅に持ち帰ればネットワークに接続し、Macを立ち上げなくてもAirMac経由でストレージに接続、バックアップや、スケジュールなどなどと勝手にSync出来る、、、こりゃ絶対必要ですねっ;;;^^)

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト