Zeiss ZFレンズあと2本?

スポンサードリンク

既にPlanar50/1.4、Planar85/1.4のニコンマウントは発売していますが、ひさしぶりに本家Zeissのホームページにアクセスしてみると、ニコン用Zeiss ZFレンズの残り2本のヒントが、、、

Carl Zeiss Camera and Cine Lenses

zf.jpg
↑クリックすると大きくなります。

この画像を見ると、右手前2本は、P50とP85
そして、真ん中の1本には、明らかに“Makro-Planar”のロゴ、そして左のレンズには“Distagon”のロゴが見えます!
っちゅ?ことで、残り二本はMakro-Planar=マクロレンズ、そして、Distagon=広角レンズということになります!
パチパチ!

で肝心の焦点距離ですが、DistagonもMakroも絶妙に見えないようになっています。(^^;;;
ただ、Distagonの方ですが、絞りリングには2.8までの文字が見えますが、その下のリングにな?んとなく2という数字が見えるんですよね?
ということで、Yashica/Contax最後の近代的&名レンズ、現在中古市場で超高値で取引されているDistagon 28/2というレンズの可能性大!?
ちなみに35/1.4というセンもありますが、2という絞りリングの数字と、広角と言えば28mm!!ということで4本に絞ったラインナップには28mmが順当なのでは無いでしょうか?
ちなみに、この28mm/f2ですが、非球面レンズを採用した近代的レンズ、作るのコスト掛かりそうなので、お値段が心配っ?;;;^^)

次のMakro-Planarの方はヒントになる数字が、見えません。
マクロレンズの中でも超傑作レンズとして名高いMakro-Planar 100/2.8が予測できますが、大きさから言うと、MP60のセンも有りかもしれませんね!!

ちなみに、こちらがY/CのMP100。

マクロらしい特徴であるレンズ筐筒から1枚目レンズまでの深さが、ZFのMakro-Planarとは違うような気がしないでも無い、、、
もしかしたら、Special-Planar 60/2なんて、これまでとは違う進化したレンズだったらうれしいな、、、、買えないけど(^^;;;

スポンサードリンク

アマゾン