PENTAX K100D最強?

スポンサードリンク

α100と、LUMIX-LC1の影にかくれちゃって、可愛そう?な一眼レフデジカメ、ペンタックスK100Dの実写速報ですが、、、

【実写速報】ペンタックス 「K100D」

PENTAX公式ブログのエントリへ→PENTAX|美写華写ブログ|これからのペンタックスに注目

驚いたのは高ISOでのノイズの少なさ。ISO800が完全に実用になりますね!P社(ベータ版実写)やO社の一眼を完全に凌駕してますね?(^^;;;

しかも、手ぶれ補正で、露出3段分以上の効果が期待出来(ファーム改良で更に向上)、更に、KマウントやM42マウントの、明るい単焦点のマニュアルレンズが手ぶれ補正と共に使える!

つまり、高ISOで露出1?2段、手ぶれ補正で、2?4段、明るいレンズで1?2段と、露出を稼げば、ヘボイ(^^;;;一眼デジカメに対して、4?8段露出が稼げる訳ですね!!

これが、実売7万円台!しかものっけから1万円キャッシュバックっ!
で、例えば中古のペンタックスの名玉50mmレンズと組み合わせれば、、、10万円でおつりが来て、たぶん、最新かつ高額なズームレンズをセットしたカメラと同等の画質が得られる筈です。

そして狙いは、COSINA CarlZeiss Planar 50mm/f1.4 との組み合わせで10万チョイ、、、、すげー魅力的だ、、、

ということで、一気に私の購買リストに上り詰めちゃった感があるK100Dですが、先立つものが無いので高ISOが大の苦手な(^^;;;E-300で我慢します、ハイ。

ITmedia D LifeStyle:ペンタックス、実売7万円台の手ブレ補正付きデジ一眼「PENTAX K100D」

スポンサードリンク

アマゾン