賞賛と罵倒

スポンサードリンク

シューマッハは諦めない。

Nifty F1-06: 不屈のシューマッハ、「終わったと思うなら家にいる」

元フェラーリドライバー、人気者(^^;;;のベルガー氏はシューマッハの怒涛の追い上げ&ファティストラップの事実を賞賛しています。

Nifty F1-06: ベルガー氏、「シューマッハ 卓越した走り」

一方のアロンソは、、、、

Nifty F1-06: アロンソ、「シューマッハのペナルティ軽過ぎた」

まだまだ口撃の手を緩める気配はありません。
こうなると、個人対個人に見えちゃううんだよな?

かつてのアイルトン・セナとプロストの遺恨騒ぎみたいにならないことを望み、、、、いや、そのセナ・プロ物語も歴史が過ぎれば、輝かしいエピソードに変化しています。
人間対人間もF1の1ページかもしれません。
が、しかし、これでF1の人気が低下することになると良くないですね?

ということでお2人とも次のGPはフェアに頑張ってね?(^^;;;

スポンサードリンク

アマゾン