Pentax K110D

スポンサードリンク

ボディー側手ぶれ補正のK100を発売したばかりのPentaxですが、、、欧州でK110という新機種も発売!!

Pentax Imaging: K110D – Digital SLR – Digital – Cameras by Pentax

K100とK110というと、なんとなくK110の方が上位機種、、、っぽいですが実は逆(^^;;;
なんと、標準ズーム付きで$600以下、、、
K100から手ぶれ補正機構を省いてこのお値段だそうですっ!
ということあ、ボディのみで$500ということでしょうか?

仮に日本で発売されたら、5万円台?

コニミノのαは、手ぶれ補正ありきでそれを外したモデルなんてありませんでした。
またオリンパスのダストリダクションも、外して低価格化したモデルもありませんでした。
そんな強みをさらりと外してくるペンタックスって面白いですね!

で、手ぶれ補正って、すばらしい技術ですけど、すべての手ぶれを帳消しにするシカケではありません。
機械に頼らないで、ウデを上げる為には、思い切って搭載されていないK110の方が良いかもですね。

で、こちらとPlanar T* 1.4/50 ZF,ZSとセットで、実売10万??
新品のボディと、最強の新品レンズがこれで買えるのだからすごい!(笑)

cp50.jpeg

で、ペンタックスですが、なんだか突然頑張っちゃって大丈夫でしょうか?
というのも、コニカがミノルタに吸収される直前、HEXARレンズという歴史的な名前をつけたかな?り気合の入ったコンパクトデジカメを発売した直後でした。
また、コニカミノルタがSONYになる直前も、α-Sweetという画期的な低価格モデルを出した直後でした。
こういう、目を引く製品を突然出す理由、いわば吸収前の採算度外視状態になっていなければ良いのですが、、、

で、本当に心配なのは、唯一手ぶれ補正の動きが無い、我がオリンオパスの方でしょうかねっ!!;;;^^)
ニコン、キヤノン、パナソニック(ライカ)→レンズ内補正
ソニー、ペンタックス→ボディ内補正

スポンサードリンク

アマゾン