レッドブル翼を

スポンサードリンク

んもう、資金潤沢なレッドブルですから、ミハエルシューマッハという大きな翼が必要なようです。

Nifty F1-06: レッドブル、「シューマッハとコンタクト取る」

レッドブルにとっては、ドライバーの才能だけではなく、あの歴代ナンバーワンなシューマッハがパイロットになるだけでも、もの凄いい価値があることでしょう。
とりあえず世界中のメディアがレッドブルの名前を配信するだけでも、巨額の宣伝費なんてすぐに回収できるでしょうし、なんたった、歴史に名を残すドライバーですので、これから何年もシューマッハの最後のチームはレッドブルというフレーズが繰りかえされることでしょう。写真や映像、細かいことで言えばミニカーやグッズなども何年も出回ることでしょう。
引退する前に1回でも良いから走ってくれというのは切なる願いなのでしょうね!!(^^;;;

「私にはシューマッハとキミ・ライコネンが同じ赤い服を着てレースをするなんて想像できないがね」

はは、なんだか皇帝とアイスマンの組み合わせってどう考えても、無口&火花バチバチになりそーですね?(^^;;;

レッドブル・レーシング – Wikipedia

とことで、最近レッドブルが日本でも販売されるようになりました。

BlogになったDiary From Flower Park…: 翼をください。レッドブルを飲んでトロロッソを応援?

なんだか、カフェインが大量に入っている飲み物のようで、万年寝不足の私には有効そうですね?、セブンイレブンで買ってってみるかな?(^^;;;

レッドブル – Wikipedia

ところで、以前の記事でも書きましたが、レッドブルがここまで世界中で飲まれる飲料に成長したのは、その独特の宣伝戦略によるところが大きいとのことです。
怪しい商品、というネガティブイメージを放置することで、口コミを得るというもの。

インサイター:エナジードリンク『レッドブル』は日本でも成功するか

ということで、レッドブルの翼を授けるというわけのわかんないCMですが、それもそんな戦略なのでしょうか?
それとも、とりあえず低予算で作ったもの??(^^;;;

GIGAZINE – タイで開発されたスタミナドリンク「レッドブル (Red Bull)」

F1&SUPER GT応援日記: レッドブル翼を授ける!?

で、レッドブルの日本のウェブサイトですが、現時点でコンテンツなし、UnderCOnstruction!!の文字しかありませんでした。でもgoogleでは検索の上位に出てきます。凄いぞgoogle(笑)

REDBULL<レッドブル>

スポンサードリンク

アマゾン