雨上がりのMT-01(^^;;;

スポンサードリンク

何と1700ccの巨大Vツィンエンジンのスポーツバイク、是非乗りたかったMT-01。
06_mt-01_nbm4_m.jpg
雨上がりの路面でそのトルクを生かすことが出来るのかっ???(^^;


感想重量259kg!、1700ccOHVエンジン、とんもうスペック見るだけでワイルドさに恐れをなしそうですが、跨がってみると、まぁ許容範囲内(^^;;;
エンジンをかけてみると、あれっ、これも許容範囲だぞ、、、(笑)
OHVということで、ハーレーのようなアイドリングのドコッドロッ感を期待してましたが、ドロドロと安定した回転。振動もかつての愛車SRX-600ほどでもない。
流石現代のバイクですね〜
走り始めると流石に重かったですが、R6+100kgなんですねっ(^^;;、まぁ普通に取り回しが出来るビッグバイク。
エンジンのトルクも期待していた爆発的なものは無く、まぁ適当にパワフル。
そりゃ1700ccエンジンですからねっ!!
市販されるバイクとして、一応許容範囲を守った感のこの1700ccツインバイク。
例えばマフラー交換した瞬間、一変するんだろうな〜、、、、本来のサウンドと振動を味わいたいものです。
車名及び型式 MT-01 (RP121)
車両重量(乾燥)(kg) 240kg
乗車定員 2人
装備重量(kg) 259kg
全長(m) 2.185m
全幅(m) 0.790m
全高(m) 1.160m
シート高(m) 0.825m
総排気量又は定格出力 1,670cm3
軸間距離(m) 1.525m
最低地上高(mm) 143mm
タイヤサイズ 前輪 120/70-ZR17
後輪 190/50-ZR17
最小回転半径 3.2m
位置及びシリンダ数 V型2気筒
冷却方式 空冷
サイクル及び弁配置 4サイクル・OHV・4バルブ
内径×行程 97.0×113.0mm
圧縮比 8.40:1
最高出力(EC表示) 66.3kw(90.0ps)/4,750r/min
最大トルク(EC表示) 150.1N・m(15.3kgf・m)/
3,750r/min
原動機付属装置 気化器形式数 電子制御フュエルインジェクション
気化器1個のベンチュリ数 –
エアクリーナー形式 湿式ろ紙タイプ
燃料ポンプ形式 電磁ポンプ
燃料タンク容量 15リットル
潤滑方式 強制圧送ドライサンプ
オイルポンプ形式 トロコイドポンプ
エンジンオイルタンク容量 4.10リットル
蓄電池 GT14B-4B(12V12A)
動力伝達装置 クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速比 形状 常時噛合前進 5段
操作方式 左足動リターン式
変速比 第1速 38/16(2.375)
第2速 30/19(1.579)
第3速 29/25(1.160)
第4速 24/25(0.960)
第5速 24/30(0.800)
減速器 歯車形式 チェーンドライブ
減速比 39/17(2.294)
制動装置 前 油圧ダブルディスク
後 油圧シングルディスク
寸法 前 287.4mm有効径×2
後 238.4mm有効径
懸架装置 前 テレスコピック
後 スイングアーム
フレーム形式 ダイヤモンドタイプ
キャストホイール 前 MT3.50×17MC
後 MT6.00×17MC
ということで、最後はっ→Room246: 最後についでにm(_._)m2台

スポンサードリンク

アマゾン