実は期待のER-6n

スポンサードリンク

次は中排気量ツインのER-6n。
個人的に気になるんですよね、600ccくらいのツインバイクって。
er6n.jpg


ER-6nは、最大パワー命のカワサキが一転して(^^;;“味”を追求し、新設計の中排気量のツインエンジンを搭載したある意味気合いのバイク。
まずは跨がっても適度な、というかちょっと小さめ。足付き性は良くも無く悪くも無く。
エンジンを掛けてみると、そのデザインされたショートマフラーからは、ツインらしいパルスが出て来ますが、少し期待よりおとなしめ。
試乗を開始すると、その扱い易さに満足、まるでずっと前から乗っているような錯覚に陥りました。
パワーもある意味十分ですが、怖くないくらいに速い。
と、それよりもエンジン特性が細かいターンのアクセルオンオフで全然ぎくしゃくしないことに驚きました。
デザインをぱっと見ると、Ducati Monster や、KTM SuperDUKEと同じジャンルかなと思うけど、実は、チョイ乗り通勤バイクってのもカワサキのイメージを逆手に撮ってイイじゃん(笑)
おっと価格も安めで、まさに通勤バイクにぴったりっ!
一応スペックなぞ
ENGINE
Type Liquid-cooled, 4-stroke Parallel Twin
Displacement 649 cm 3
Bore and Stroke 83 x 60 mm
Compression ratio 11.3:1
Valve system DOHC, 8 valves
Fuel system Fuel injection: ø 38 mm x 2 (Keihin)
Ignition Digital
Starting Electric
Lubrication Forced lubrication, semi-dry sump
DRIVETRAIN
Transmission 6-speed, return
Clutch Wet multi-disc, manual
FRAME
Type Diamond, high-tensile steel
Wheel travel: front 120 mm rear 130 mm
Tyre : front 120/70ZR17M/C (58W) rear 160/60ZR17M/C (69W)
Caster (rake) 24.5 °
Trail 102 mm
Steering angle (left/right) 32 ° / 32 °
SUSPENSION
Front: Type 41 mm telescopic fork
Rear: Type Offset laydown single-shock with adjustable preload
BRAKES
Front: Type Caliper Dual semi-floating 300 mm petal discs Dual piston
Rear: Type Caliper Single 220 mm petal disc Single-piston
DIMENSIONS
Overall length 2,100 mm
Overall width 760 mm
Overall height 1,095 mm
Wheelbase 1,405 mm
Ground clearance 140 mm
Seat height 785 mm
Dry weight 174 kg
Fuel capacity 15.5 litres
PERFORMANCE
Maximum power 53 kW {72.1 PS} / 8,500 rpm
Maximum torque 66 N?m {6.7 kgf?m} / 7,000 rpm
ということで、Kawasakiのバイクもいいんだ、、、、と、もうちょっとカワサキらしい魅力があれば更に良いと思う今日この頃でした。
友人の試乗記→::O-Naログ:: カワサキ祭り

スポンサードリンク

アマゾン


One thought on “実は期待のER-6n

  • 2007年6月27日 at 18:39
    Permalink

    ゼファー1100の魅力

    ゼファー1100(ZEPHYR1100)の魅力を私なりに。Z1(900)以降、常に最強の座に君臨して来たZの代名詞。時代が空冷から水冷になろうともひたすら…

Comments are closed.