久しぶりのお茶の水

スポンサードリンク

昨日久々に行きました。お茶の水と言えばそう、ギターです。

実は、Alfaお仲間PaPaさんの息子さんがギターを始められる!!とのこと。
そう!一番最初のギターを購入されるということで、おつきあいさせていただきました!!
いや?わくわくしますね?。人生最初のギターのご購入!!

ちなみ私の最初のギターはグ○コのおまけ、、、、ではなく(^^;;;、、、グレ○のギターでした。
ストラトキャスターやレスポールをダマ(^^;;でコピーしていたメーカーも本格的なオリジナルギターを設計、製造することに目覚めた時代です。各メーカー工夫をこらした超高スペックのギターを発表していました。
なにも知らなかった私はそんなチャレンジングなギターをお年玉を貯め(笑)貯め作った大枚(当社比)で買ってしまいました。
しかしながらそのギター、全てあとから解ったのですが、とてつもなく重く、音も悪く、無理なオリジナルメカのせいで、チューニングも狂いやすくい上、何とフレット音痴まで、、、発売当初バカ売れしてたので予約までしたんですよ!(笑)
そして2本目に買った、半分の値段(一番安いランク)のストラトキャスター、それが大当たり(今でも持ってます)、コピー品とは言え、ストラトを超えるギターは無いということを認識しました。

本題に戻しますとPaPaさんとそのジュニアさん事前に考えられていたのが、スクワイヤかフェンダージャパンのストラト、そしてアンプはVOX。よく研究されてます!、、、完璧(^^;;;なのでアドバイスのしようがありません(笑)
そして最終的に選ばれたのがスクワイヤのオフホワイトのストラトキャスター。良いセンスですっ!
そして価格は私の2本目のストラトの更に半分の1万円台!!
VOXのアンプはプリ回路に真空管をそしてデジタルエフェクターとモデリング(有名アンプのシュミレーション)回路を内蔵しながら、これまた1万円台!!
お店で音を出させていただきましたが、どちらもハイクオリティ。ストラトは素直なフェンダーシングルコイルの音、工作精度や塗装などの仕上げもまったく問題無し、5万円以上と比べても見分けは付きません。(マジですよ)

本家Squireのページ→Squierョ Guitars by Fender: The Official Website
スクワイヤジャパンのページ(検索エンジンでひっかからないんですよね?;;;^^) )はこちら→[ Squier by Fender ]

sqi.gif

ちなみに、カタログでは白のモデルはありませんが、石橋楽器店 で独自で仕入れられているモデルとのことです。
カタログモデルはラミネイトボディなのに対し、ソリッド(付け合わせ)ボディというのもお得だったですね。

アンプの方も、本物の真空管で作り出している歪みはコンパクトエフェクターレベルではありませんし、内蔵のエフェクトもデジタルマルチ特有の大げさな効きや、生音の線の細さは感じられません。スピーカーも低音弦でのアタックも見事に再現してました。

VOXアンプの本家サイト→Welcome to Vox Amplification
購入されたのはこちら→Vox AD15VT
こちらでアンプのデモが聞けます。1万円台のアンプですよ?(笑)→Welcome to Vox Amplification
ad30vt_ad15vt.gif

ギターとアンプ合計3万円台、いやーいい時代になりましたね?!!
3万円台と言えば昔は激安ギター、ストラトのコピーの筈なんだけど何となくシェイプが違う(意図してじゃなく、笑)わ、ネックはすぐに曲がるわ、音が悪いだけじゃなくノイズのりのり、、、なんて代物だったと思います。

とにかく、一生涯で最初に買うギター。思い出に残るんでしょうね?
もしかして彼は有名なギタリストになるかもしれません!!
歴史的な一場面に立ち会ったのかもしれません!!(^.^)

頑張ってくださいね!!

スポンサードリンク

アマゾン