MotoGP新エンジンは、、、

スポンサードリンク

F1のエンジンコンストラクタ、イルモアがMotoGPに参戦!!

Nifty F1: イルモア、モトGPエンジンに進出へ

2007年からの参戦を目指して開発中とのことです。

し総額500万ポンド(約10億円)もの巨費を投じて2輪車用レーシング・エンジンの開発に掛かる

うーん、バイクのエンジンと言えども、そんなに大金では無いような、、、

ちなみにMotoGPは2007年から現行900ccのエンジンが800ccになります。
現在、YAMAHAが並列4、HondaがV5、DucatiがV4、Kawasakiが並列4、SuzukiがV4のエンジンレイアウトですがイルモアはどうするのでしょう?
記事の中にもありましたようにアプリリアがコスワースと連携して、並列3気筒のエンジンで出走していたことがありましたが、成功しませんでした。
MotoGPは気筒数ごとに、車両重量規定されます。当然パワー的に不利な3気筒の方が軽く出来るメリットを追求してチャレンジされていましたがが、成功しませんでした。
このエンジンはF1のテクノロジーである、ニューマチックバルブが採用されていたようですが、そんな仕掛けが無くても高回転まで回ってしまう小排気量エンジンでは、メリットが無かったそうです。

今年?来年の参戦を目指して開発されていた?WCMのエンジンは逆にV6というマルチシリンダの予定ですが、誰もそれを見ることなく話そのものが立ち消えになってしまったそうです。

ちなみに、現状のMotoGPのエンジンで最も特徴的なのが、燃焼タイミングが不均一ということです。
たとえば、並列4気筒エンジンでも2気筒づつが同時に爆発しているエンジンもあるようで、つまりは2気筒エンジンと同じですね、そんな特殊なノウハウにイルモアが付いて来れるかどうかが注目です。

まぁ天下のイルモアのことなので心配ないと思いますが、がんばってね!;;^^)

スポンサードリンク

アマゾン