F1を支えるIT:その4

スポンサードリンク

次は、またまたウィリアムズのITネタ。

本田雅一の「週刊モバイル通信」

パートナーは勿論HP。今度は解析シュミレーションの世界だ!

HPとパートナーになったのは2000年だそうです。

その間のパフォーマンスアップは200倍にも達する

たった5年で200倍というのはムーアの法則より遥かに凄いぞ!(笑)
ちなみにムーアの法則は「半導体の集積密度は18?24ヶ月で倍増する」

新空力パーツを導入した場合の影響について、ほとんどをコンピュータ上で把握可能になったのだ。

こうした短期間での空力パーツの更新は、かつてのF1では見られなかったもので、ここ数年、資金力が豊富なチームやコンピュータ企業のサポートを受けることができているチームを中心に行なわれているもの。

やはり、IT企業の強力なバックアップは必須、特に演算能力の向上がカギだとすればハードウエアをふんだんに投入出来るパートナ?が絶対的に必要ですね!

トヨタF1チームの利用しているクラスタにはItanium 2が1,000個も利用されているとか。
同チームはIntelからスポンサーを受けている。トヨタは昨年から、シーズン途中に何度も空力パッケージを入れ替えるなど、飛び抜けて短い開発期間が話題になっていた。その背景にあったのがサーバパフォーマンスにあったことは想像に難くない。

対してフェラーリはAMDですね!
TOYOTAはインテル、しかし
Nifty F1: 『インテル』、再びマクラーレンへ噂

次はGPSのお話、、、、

注目技術としてGPSシステムの進化を挙げていた。「GPSはWRCのラリーカーにも導入されている、、、現在は50cm程度の精度だが、将来的には5cm程度にまで高めることができるだろう」とウィンザー氏。

そしてその他補完の電波などで1cmくらいまで精度が上がると、自動走行が可能となるそうです。
F1がテストコースを走る時、人が乗ってないオバケマシンがっ!(^^;;;なんてマジ可能かもしれませんね!!

もう無人カーのレースが開催されてるようです!!
ロボットカー・ラリー、今年は5チームが完走
自律走行車が競う『DARPAグランド・チャレンジ』第2回出場車が決定

とにかくIT化の波、凄いですね!!

こんなネタを読めば読むほど、来期のウィリアムズが苦しくなるのは目に見えてるぞ、、、、

246log: F1を支えるIT:その3
246log: F1チームを支える
246log: やっぱりF1はITで
246log: 動作してないとガレージから出せない

スポンサードリンク

アマゾン