フェラーリという大きすぎる存在

スポンサードリンク

ミナルディは激変するレギュレーションに対応出来なかったので第1戦は去年レギュレーションのスペックで走らせてくれと嘆願してるみたいです。
Nifty F1: ミナルディ、訴訟の構え
で、フェラーリだけがそれはダメと言って、結果出走できないとか、、、

レギュを守れないけど、迷惑を掛けないから許してちょうだい、、、、というのも他のスポーツではあり得ない話ですが、問題は今年のフェラーリは他のチームとまったく同調あるいは協調していないということらしいです。
結果、フェラーリ以外のチームは別のシリーズを立ち上げることをかなり真剣に考えているようです。
更に話は複雑なのは、もともと別シリーズを提案したのはフィアット、つまりフェラーリだということです。各チームは同調して現在のF1の状況を改善?しようとしていたらしいですが、真っ先に離脱したのがフェラーリらしいです。
また、フィアットーGMの提携の解消によってフェラーリが独立しそうというのも絡んでいるとか。。。。

ということで、実際現場ではもっともっと話は複雑なのでしょうが、とにかくフェラーリは圧倒的な人気と実力によって、他から見ると超身勝手な行動をとるようになったということです。

まじで2007年からはフェラーリだけのF1とその他メーカーのF1が開催される可能性が、、、、
なんだか昨年あたりのプロ野球の話とそっくりなのが気になります。

今後は新規参入(^^;;;やらF1に絡んだメディア買収(笑、でもマジらしい)合戦が繰り広げられそうです。

で、トップの逮捕者が出たり、社員のご乱交;;;;^^)が明らかになったりしてイメージが悪くなって、崩壊への道を歩まないで欲しいですね!

ただ、過去のF1はもともと盛んであったF2のシャシメーカがよりチャレンジンクな舞台にプライベートで参入していた構図が長く続いた背景があります。
その頃のフェラーリはイタリアンクオリティでかっこ良くって早いけど壊れる、対するプライベートチームのフォードDFVは軽くて壊れない、、、ということでバランスが保たれていたほのぼのとした時代だったのですが、思えばルノーのターボ化での新素材と燃料の進歩、そしてホンダの超システマチックでITを駆使したチーム運営、アイルトンセナという世界的なスターの出現などにより。その後のF1を大規模でビジネスチックなものに、変化させたのかもしれません。

これらをいったんクリアしてもう少しレトロでマニアック(ロマンチック)なものになればいいかもしれません。(=F1の衰退ということですが)
ジルビルヌーブの映画の作成が決定したようですので、もう一度過去を振り返ってみるのもいいかもしれませんね!

こちらのBlog

こちらのBlog
を参考に

itv.com/f1 – Villeneuve movie gets green light

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト