アファサウンドのポルシェ!!

スポンサードリンク

でNewBoxterですが、試乗させていただきました!!

今月から発表ということで試乗待ち渋滞(^^;;が、結局1時間待ちました。
ポルシェのエントリーモデルながら、確固とした地位を気づいているボクスターですが、『最新のポルシェは、最良のポルシェ』という格言?の通りなのでしょうか?

乗ったのは、2.7Lの6MTモデルです。

ボディは前モデルととても似ていますが、一応フルモデルチェンジ、各パネルの造形は旧モデルとは異なるようです。
主には、目の変更と、後ろの造形がセクシーになりました。でより小さく感じます。

で、エンジンを掛けた瞬間、、、例のポルシェのボクサーエンジンサウンド、、、ではなく、フォーーンって、、、。
走行に移り、回転数を上げて行くと、正にアルファサウンドが!!
ってポルシェオーナーの方すいませんnm(_._)m
とにかく、これまでのボクスターの淡々としたポルシェサウンドではなく、連続的な6気筒のチューンドマフラーサウンドが響いたのです。そして回転を上げて行くとレブリミット付近で、少し裏返る音が、、、これは正に156V62.5そっくり!!

これはエンジン音フェチ? のアルファロメオオーナーも乗り換える価値大!!!(かも)
しかも540万円?、先代より値下げ!ということで、SpiderV6に乗ってるばあいじゃないかもしれませんね!、、、、(かな)

スポンサードリンク

アマゾンアソシエイト